2016年06月02日

大聖堂(A.バリオス)


アグスティン・バリオスの『大聖堂』
クラシックギターにとってあまりにも有名な名曲ですが、昔コンサートで演奏した時の動画が出てきたので久しぶりにYouTubeに載せてみることにしました。

2010年9月に福島県三春町の「三春交流館まほら」小ホールで行われた、あだたら演奏会での映像となります。

この『大聖堂』、ギタリストなら誰でも一度は憧れる超名曲ですが、それだけに難易度もハンパじゃなく、管理人もそりゃもうものすご〜〜く苦労した覚えがあります。
こうして映像を見返してみても余裕なんてどこにもなく、とにかく大きな破綻を来さないよう必死になっている姿が痛々しくて、とてもとても涙なしには見られない演奏となってしまいました(ハンケチ必須)

でも、やっぱりずっと憧れ続けてきた曲でしたので、何とか弾き終えたときの達成感はやはりとても大きなものがありました。
「こんな曲、とても弾ける日が来るとは思えない」と半ば諦めつつ、でも地道にコツコツと(しつこく・・とも言う)積み重ねてゆけば、物事何とかなるものかもしれませんね。
とにかく、へんてこヘタレな大聖堂ですが(恥)もしよろしければちょびっとでも見てやっていただければと思います。
どうかどうか、よろしくお願いいたします。


◇大聖堂
La Catedral
A.Barrios "Mangore"

1.Preludio(Saudade)
 前奏曲(郷愁)
2.Andante religioso(宗教的アンダンテ)
 大聖堂に満ちる人々の祈り
3.Allegro solemne(荘重なアレグロ)
 礼拝を終え去ってゆく人々の感動の余韻




posted by nao at 16:50| Comment(6) | TrackBack(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

もしも彼女が尋ねたら(D.レイス)


今回の曲は、ブラジルの作曲家ディレルマンド・レイスの
『もしも彼女が尋ねたら(Se ela Perguntar)』です。


以前、同じレイス氏の作である『エテルナ・サウダージ』という曲をこのブログに載せたことがありましたが、実はその時すっかり勘違いしていまして、この『もしカノ』もとっくにアップしていたつもりでいたのですね。
でも自分のブログを探してもどこにもなく、それで焦って今回もう一度練習して録音してみた、とそういう訳だったのです。


レイス氏のギター曲としては、おそらく『エテルナ』よりこちらの『もしカノ』の方が有名なのではないかと思うのですが、では実際どんな背景を持つ曲なのかをいろいろ調べてみました。
『もしも彼女が〜』というタイトルの意味ですが、どうやら
「もしも(別れた)彼女が私のことを尋ねてきたら、こちらは元気でやっていると伝えてくれ」というような内容のようで(歌詞が存在するようです)でもそれがホントならこれって実は「ジョニーへの伝言」の男版?などと思ってしまいました。
(でも、かなり信頼性の低い分析なのであまり当てにしないで下さいね(汗))


ですが、非常に個人的な考えを述べさせていただけるなら、恋愛関係にあった男女が一度別れを迎えたとき、いつまでもずるずると未練を引きずるのは実はオトコの方じゃないかと思うのです。
そんなオトコに比べると、女性はそれはそれは強いですので、ある時点まで到達するとそれはもう見事にスパっと気持ちを切り替えて前へ進んでゆくのではないかと思うのですがいかがでしょう。
なのでこの曲にしても、オトコの方が「元カノは今でもおれに心を残してくれている」などと思うのはそれはもう都合の良いカンチガイもいいところで(笑)実際は
「もしも彼女が尋ねて」くれることなんてあり得ないのではないかという気がするのです。
彼女の方は、お前のことなんてとっくに決着付けて新しい人生を歩み始めてるんだぜ。とこのオトコに言ってやりたい気もしますが、あっそうか(!)
もしかしたらこの曲、そういう裏の意味も持たされているのかも・・なんて思ったりもしています。(でも多分考えすぎ(笑))


などとごちゃごちゃ書きましたが、勿論弾くときはそんなこと全く考えず、ただ楽譜の求める表現のみを私なりに懸命に汲み取って弾いてみたつもりです。
ギター愛好家のみなさんからの人気も高い名曲です。
もしよければぜひお気軽に聴いてみていただければと思います。



もしも彼女が尋ねたら Se ela Perguntar



posted by nao at 12:59| Comment(8) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

サラバンド(無伴奏Vn.パルティータ第2番−BWV1004より)J.S.バッハ



阪神淡路大震災のときは、何も分かってないガキでした。
無残にも倒壊したビルやねじ曲がった高速道路の映像、炊き出しなどの報道を見て
『大変なことが起きてしまった』とは思いつつでもどこか実感に乏しくて、よく出来た映画でも観ているような、正直その程度の捉え方しか出来ませんでした。


東日本大震災のとき、初めて本当の恐ろしさを身体で理解することができました。
いつまた起きるか分からない余震に怯え、携帯の緊急地震速報のあの音に心底恐怖を感じ、しまいには私たちみな地震の始まりを察知できるまでになりました。(揺れが始まる前の地鳴りのような「ゴゴゴ・・・」という音が聞こえてくるのです)
避難所暮らしを知り、1か月続いた断水に苦しみ、食べ物もガソリンもろくに買えない生活に身も心もくたくたになりました。


そして今度の熊本・大分大震災では、こんな私でももしかしたら
ようやくあの恐ろしさ、悔しさを心から理解できる、分かってあげられる人間になれたかもしれないと、そんな気がしています。
突然いつもの日常が壊される不条理。
常に地面が揺れ続ける不気味さ。
何も悪いことをしていないのに、急に巨大な苦労を押し付けられる残酷さ。
大切な人、物を突然奪われる怒り。無力感とそこから起こる底知れぬ絶望。
そうした、持って行き場のない大きな痛みを抱えてしまった人の気持ちを、今になってようやく共有できるようになれたかもしれないと、そんな風に思うのです。
(でも、自分が実際に体験したことじゃないと他者(ひと)の気持ちが分からないというのは、私はどれだけ想像力や思いやりに欠けた冷たい人間だったんだろうと思います)
災害支援の募金箱に少額の寄付金を入れることくらいしか出来ない私ですが、でもせめて辛い思い、悲しい思いをしている方々へ精一杯の祈りを込めて曲を届けたい。
そんな気持ちを込めて弾いてみたつもりです。
決して気持ちの晴れる演奏ではないと思いますが、もしそれでもよければ
少しでもお聴きいただけたなら大変うれしく思います。


J.S.Bach
無伴奏ヴァイオリンパルティータ第2番 BWV1004より
サラバンド


Sarabande


続きを読む
posted by nao at 18:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

ノクターン第2番(F.f.ショパン)佐藤弘和編


名作コミック『ピアノの森』がついに完結を迎えてしまったので
今回はショパンのピアノ曲から「ノクターン」を弾いてみました。
というのは実は半分ウソんこでして(ごめんなさい)去年からずっと練習していたのですが、ようやく何とかまともな録音ができたので早速ブログへアップしてみませうか、とそういう訳だったのでございます。

このショパンさん、実はあまり幸せな生涯を送ったとはいえない方のようで
生まれたポーランドでの絶賛を励みにいよいよ西ヨーロッパに進出して本格的な音楽家デビューだ!と旅立った途端、故郷で勃発した革命(いわゆる11月蜂起)が失敗に終わってしまって結局最後までポーランドに帰ることができませんでしたし、おまけに本人は肺結核にずっと苦しみ続け、39歳の若さでパリにて息を引き取ってしまうのでした。

そんな方の作曲した音楽が胸を打たないはずがありません。(反語)
このノクターンも(恐らくこの第2番が一番有名だと思われます)大変美しい曲で
『夜に想う曲』というタイトルにふさわしい、ロマンチックでチャーミングな愛すべき名曲だと思います。

とはいえ、こうしたピアノソロとして完成された曲をギターで弾くというのは実は想像以上にタイヘンでして f(^ ^;)
単純に考えてもピアノは10本の指で同時に10コの音を出す事ができますが、ギターは無理しても6コが限度、しかも左手で押さえて右手で発音するという構造上、ピアノ曲をそのままギターで再現するというのはどう考えても無理ムリな相談なのでございます。

そういう制約の中でも、この編曲譜は相当優れていると言えるでしょう。
さすが佐藤弘和氏。ショパンの名曲をここまでギター譜に移してもらえたならもう何も言うことはありません。
ショパンのギター編曲といえばタレガ編が有名ですが、でもこの佐藤氏の編曲技術はすでにタレガを軽く凌駕してしまっているのではないでしょうか。
ギターソロでもショパンの曲をこうして楽しめる、という幸せを噛み締めながら(でもやっぱり管理人にはすっごい難しかったです)弾いてみました。
例えばトリルやターンなど、ピアノの詩人といわれたショパンの曲らしく華麗に
「ピロリロリン♪」なんて弾きたかったのに、悲しいかなまるで技術が追い付かず
「デロデロデー」と妖怪大百科みたいになってしまいましたが、もしもそれでもヨイと仰っていただけるならぜひ!さわりだけでも聴いてみてほしいと思います。


Nocturne Op.9-2


続きを読む
posted by nao at 17:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

メヌエットT&U(アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳より)


今回は『アンナ・マグダレーナ・バッハの音楽帳』として知られる曲集の中から、最も有名と思われる「メヌエット」を弾いてみました。(BWV.Anh114/115)
実はこの曲、私のブログ友達のYさんが今一生懸命練習されている最中のようでして、見た目に反して結構難しいこの曲をがんばっておられるそのご様子に感動して、何か少しでも応援してあげたいと思い今回取り上げてみたというのが主な動機です。
なんて書くと何だか上から目線で余裕Shakushakuのように見えますが、でも実はこちらも結構いっぱいいっぱいで(苦笑)息も絶え絶えの残念な演奏と成り果てております。
去年の11月にステージで弾いた曲ばかりの曲なのですが……おっかしいなあ
f(^ ^;)

ま、そんなわけでいつも通りの(はい、私は元気です(笑))拙い演奏ですが、もしもヒマとお時間がございましたらちょっとでも聴いてやっていただければと思います。
何卒ナニトゾよろしくお願いいたしますです。はい。


MenuetT&U


続きを読む
posted by nao at 17:50| Comment(13) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

Eterna saudade「エテルナ・サウダージ」 (D.レイス)


今日は楽しいクリスマスイブ。
でも、そんな華やかなクリスマスには決して似つかわしくない、ずーんと暗く悲しい曲を載せてしまいます
f(^▽^;)
現代ブラジルの作曲家、ディレルマンド・レイスの「Eterna Saudade」を弾いてみました。

この曲、岐阜の哀愁ギタリストさんのYouTubeの演奏やKazu SuwaさんのCDから知ったのですが、一度聴いただけでその曲と演奏のよさにたちまち虜になってしまい、慌てて楽譜を探して練習を始めたのでした。
で、「私もああいう風に想いを込めた演奏がしたい」と願いつつ、とにもかくにも何とか録音まで漕ぎつけたのですが、ぜえぜえ言いながら録ったばかりの自演奏を聴いてみると

・・・ん?なんか違う。
前述のお二人の演奏を見倣ってゆっくりめのテンポで始めたのですが、こちらの思いに反してなんだかただのったりと退屈な演奏になってしまってて、これじゃダメだと一から曲作りをやり直すことになりました。
いろいろ悩んで、とりあえず今の形に落ち着きました。
イントロのない曲ですので、出だしは特に早目のテンポを心掛けて感情は抑えめに、で
聴かせどころのTrio(中間部)の部分からどんどん突き進んでいって、そしていよいよD.S(ダル・セーニョ)で最初に戻ったところで思いっ切り気持ちを込めてSaudadeしよう・・・とまあ、そんな風に構成を考えなおしてみました。
でも、これが果たして正解なのかどうかは未だに分かりませんし、やっぱり表現ってものすごく難しいです。
でもそこが『演奏』という行ないのたまらなく面白い部分なんですけどね。



ちなみにこの「Eterna Saudade」、邦訳では『遙かなる郷愁』とされているそうですが
曲の持つ内容、内包する感情を考えるとどうもピンと来ない。
どこかちょっと違うような気がします。
ブラジル・ポルトガル語の「Eterna」は、英語にすれば「Eternal」、永遠とか不滅とか果てしないといった意味だそうですが、では肝心の「Saudade」とは?
これがまたムズカシくてですね、かなり広くて深い意味があるそうなのです。

例えば、故郷を懐かしむのも「Saudade」
昔を思い出して切なくなるのも「Saudade」
失恋したときも「Saudade」
親しい人を亡くしてしまったときも「Saudade」

そういった意味の言葉なのだそうで、ふーむそう考えるとこのエテルナ・サウダージ、悲しいとか懐かしいとか切ないとか淋しいとか、そんな感情をひっくるめたものを表しているのかもしれません。
そうやって考えてゆくと、なんとなくこの曲のイメージが湧いてきたようなこないような・・・?(笑)
少なくとも邦訳『遙かなる郷愁』という字面から受けるイメージには惑わされないよう、がんばって弾いてはみたつもりです。←弱気


あはは。まあとにかくですね
もしよろしければ、興味とおヒマがございましたら(笑)
ぜひ聴いてみてやっていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


Eterna Saudade(エテルナ・サウダージ) D.レイス


posted by nao at 15:27| Comment(24) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

ギター講座


先の11月、近所の公民館で
ギター講座の講師役を勤めてきました。

福島県郡山市にある中田公民館では、地域の方々を対象に
半年間に渡る生涯学習講座 ”いきがい学級” というのを開催しています。
6月から11月まで、料理や体操や和紙工作など様々な体験を楽しく行おうという講座です。
その中で今年は「生の音楽を聴こう」という企画案が出たそうで、そのお話がどういうわけか
巡り巡って私のところへ来てしまいまして・・・
f(^_^;)
開催日は11月11日、10時から12時までの2時間のワクをギター一本でなんとか乗り切らなくてはいけません。エラいこっちゃでございます。
オファーを頂いたのが6月でしたので、それから約半年
仕事の合間を縫って練習に必死の日々でした。

講座の内容については一任されていましたので、色々な案を考えてみました。
理想を言えば参加者の方たちに実際に楽器に触れてもらって簡単なレッスンをしてみたかったのですが、でもそれには手持ちの楽器では数が足りなすぎます。
かといって普通のコンサートのように2時間ずっと弾き続けるというのは、今の私の腕前、体力を考えると、とてもじゃありませんが無理すぎます。

そこで思いついたのが、音楽史や音楽ジャンルについての簡単な説明を
演奏を交えながら行ってみようというプランでした。
勿論、これだけの短時間では本当に大雑把な説明しかできませんし、ましてやそれをギター1本で弾ける曲で解説する、となれば自ずと曲も限られてきます。
でも、しゃべりで時間を稼いで(!)曲数を減らすという悪巧みがとても魅力的だったので
この内容で乗り切ることにしたのでした。ひっひっひ。( ̄ー ̄)ニヤリ

以下、当日の演奏曲目を書いてみます。


◇オープニング◇
  ロマンス(禁じられた遊び/間奏付きver.) 

◇音楽史編◇
・バロック代表
  メヌエット Anh.114/115 (J.S.バッハ)
  アヴェ・マリア (G. カッチーニ)
・民謡代表
  グリーンスリーブス (イングランド民謡)
・古典期代表
  ディヴェルティメントK.136(W.A.モーツァルト)
  エリーゼのために (L.v.ベートーヴェン)
・ロマン派代表
  プレリュード第7番 (F.f.ショパン)
  ノクターン (F.f.ショパン)
・印象派代表(ちょっと違うけど)
  ジュ・トゥ・ヴ(E.サティ)

◇音楽ジャンル編◇
・ロックンロール代表
  イマジン(ジョン・レノン)
・フォークソング代表
  イエスタデイ・ワンス・モア(カーペンターズ)
・モダンジャズ代表
  テイク・ファイブ(P.デズモンド)
・ボサノバ代表
  いそしぎ (J. マンデル)
・フラメンコ代表
  エル・ビート(スペイン伝承)
・タンゴ代表
  タンゴ・アン・スカイ(R.ディアンス)
・映画音楽代表
  鉄道員(C.ラスティチェリ)
  ひまわり (H.マンシーニ)
・日本のうた代表
  浜辺の歌 (成田為三)
  小さい秋みつけた(中田喜直)
・ヒットソング代表
  アナと雪の女王〜Let it Go(C.A.ロペス)
  ハナミズキ(一青窈)
・ギターオリジナル曲代表
  アルハンブラの想い出(F.タレガ)


・・・後半はさすがに時間切れでかなり割愛した曲もありますが(正直助かりましたけど(汗))
でもこれだけの曲を用意するのはホントへとへとになりました。
改めてプロ演奏家のすごさを実感した出来事でもありました。
本番は指の疲労が激しくてボッロボロもいいとこでしたが、でもどうやら概ね好評をいただけたようで、大任を果たせて心底ホッとしました。
講座の参加者さんたちだけでなく、職場の同僚や元上司も応援に来てくれてとても心強くありがたく思いましたし、それに終演後、
「オラも昔「禁じられた遊び」弾いとったばい」
「久しぶりにショパンが聴けてよかった」などと参加者さんたちから声を掛けていただいたりして、おかげさまでとてもよいステージができたようで大変感謝しています。
応援下さった皆様、本当にありがとうございました。



朝のリハーサルの様子です
GuitarLecture1.JPG


公民館の方がこんなステキ看板を作って下さいました
GuitarLecture2.JPG


こんな雰囲気で講座が進んでゆきました
GuitarLecture5.JPG


なんかしゃべってますが、やっぱり様にならないですね(恥)
GuitarLecture4.JPG


チューニング中はトークが止まってしまうのも今後の課題でしょうか
GuitarLecture6.JPG


最後まで聴いて下さった皆様には本当に感謝です
GuitarLecture7.JPG


posted by nao at 14:39| Comment(8) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

ひまわり(H. マンシーニ/江部賢一編)


sunflower.jpg



・・・戦場から帰らない夫アントニオを探して、とうとうソ連まで辿り着いたジョバンナ。
そこでついに、戦後無事に暮らしているアントニオを見つけるが、最愛の夫は
マーシャというロシアの女性と小さな娘との三人で家庭を築いていた。
衝撃を受けたジョバンナはそのまま列車に飛び乗り、ミラノへ帰ると傷心の日々を過ごす。
一方アントニオもマーシャの計らいでその後ジョバンナを追ってイタリアへと向かう。
ためらいながらも再会した二人だったが、ジョバンナにも新しい夫と子供がいる事を知ったアントニオはソ連に帰ることを決心する。
翌日、汽車で帰るアントニオをジョバンナが見送りに駅へ訪れた。戦争中に出征する夫を見送った同じホームに立ち、二度と会えないであろうアントニオを見送ったジョバンナはそのまま泣き崩れた・・・


ソフィア・ローレンとマルチェロ・マストロヤンニの名作映画「ひまわり」のテーマを弾いてみました。
もう何の説明もいらない位有名な映画ですし、またギター版の主題曲の方も
福田進一大先生の演奏のおかげか(!)今や非常に広く知られています。
この江部賢一氏の編曲、確かにギター弾きが燃える(萌える?)シカケがあちこちに仕込まれていて、うーんなるほどこりゃゴリゴリ弾きたくなるわい・・と思わす納得する素晴らしいアレンジだと思います。
そこを今回あえて少し抑え、この名画に敬意を表して「大人の悲恋物語」ぽい雰囲気を出して弾いてみたいと思いました。

出せるのか?
出せたのか?
身の程知らず?
だよねやっぱし?


・・・・・・・・・・・・・・ ミ(-θ-;)彡ピヨピヨ


とまあ(^▽^;)そんな感じで弾いてみたつもりですので、相変わらずヘッポコまっしぐらな演奏ではありますが、もしよろしければちょっとだけでも聴いてみてやって下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。



I Girasoli - Love theme from "Sunflower"


続きを読む
posted by nao at 14:17| Comment(18) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

ヴァイス二題(ファンタジー&シャコンヌ)


月日の経つのは非常に早いものですね。
前回の記事から、あっという間に半年が過ぎてしまいました。
その間更新を待っていて下さった方には、心の底からお詫びを申し上げつつ
慎んで半年ぶりの録音を献呈させていただきたいと思います。


S.L.ヴァイスの作品から二曲
「ファンタジー」と「シャコンヌ」を弾いてみました。


このSilvius Leopold Weissという人(このファーストネーム、ドイツ語だと「ジルフィウス」という発音になるらしいですね)後期バロック時代のリュート奏者/作曲家で、同じドイツ人でちょうど同世代のバッハとも親交があったと言われています。バッハの作品「リュート組曲集」は正にこのヴァイスの為に書かれた曲だそうですし、時には二人で一緒に即興演奏を楽しんだこともあったとか。
そんなヴァイスの曲ですが、同じ時代とはいえやはりバッハとは少し(かなり?)違う雰囲気を纏っていて、バッハの曲がそれこそ一分の隙もない完璧な構成だとすれば、ヴァイスはもう少しやわらかくて、こう心にすっと入ってきやすい響きというか、比較的感情的な要素も大切に書かれているというか、そんな気がします。(勿論バッハの曲だってどれもみな感動する曲ばかりなのですが)

今回「ファンタジー」の方はカール・シャイト編のD-moll(ニ短調)版を
「シャコンヌ」の方は阿部保夫編のA-moll(イ短調)版を使用しました。

では
久し振りの録音でかなり衰えてしまっている部分もあるかと思いますが(汗)
もしおヒマな時にでもお聴きいただけたなら大変うれしく思います。
半年ぶりの演奏です。どうぞよろしくお願いいたします。


S.L.ヴァイス ファンタジー


S.L.ヴァイス シャコンヌ


posted by nao at 20:10| Comment(22) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月28日

つむぎ歌(糸紡ぎ娘の歌) A.バリオス


今年、2014年最後の配信となります。

今年もまた読者のみなさまには大変お世話になりました。
拙ブログを熱心に応援して下さいまして、もう心の底から感謝しています。(T ^ T)
みなさまの温かい励ましのおかげで、細々とではありますが今年も一年こうしてブログを続けることができました。みなさまの支えがあったからこそ、辛うじて自分への自信を失わず録音&公開を続けることができたといっても決して過言ではありません。
不肖管理人nao、このご恩はきっと一生忘れません。
心の底からの精一杯の感謝の気持ちを込めて、今年最後の演奏をお届けしたいと思います。


曲は、A.バリオスの「つむぎ歌」
「糸紡ぎ娘の歌」という訳題もあるようです(鈴木大介さんの新出版の楽譜などでもこちらのタイトルで紹介されています)
バリオスお得意のトレモロ奏法による大変静謐で美しい旋律を持つ曲ですが、一説によりますとこのトレモロは糸を紡ぐ作業の様子を表しているそうで、糸紡ぎマシーン(?)の前に座ったうら若き娘さんが、カタカタと仕事を続けながら次第に過去の記憶や遠い昔の想い出に浸ってゆく様をモチーフとして書かれたものだそうです。
私としても、楽譜を読み込んでゆくほどに
「このトレモロは決して速く弾くべきではない」と思うようになりまして、そうしてこうした表現に辿り着きました。
でも実はトレモロのような奏法は、ある程度スピードに乗せて弾いた方が余程アラが目立たずに済みますので、こうして遅く弾こうとするとかえって難しくなってしまうのです。
いやあ、正直相当悪戦苦闘しました(^_^;)が、ようやく録音までこぎ着けることができましたので、そんな苦労の結晶を(笑)ぜひ聴いていただければと思います。
どうかどうか、よろしくお願いいたします。(^人^)


それではみなさま
今年も一年本当にどうもありがとうございました。
そして願わくばどうぞ来年も変わらぬご愛顧のほど、伏してお願い申し上げます。
では、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。
皆様のご多幸を心よりお祈りしています。

・・なんか年賀状みたいになっちゃいましたね f^^*)(笑)


つむぎ歌 (Cancion de la Hilandera)


続きを読む
posted by nao at 18:42| Comment(21) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。