2015年12月24日

Eterna saudade「エテルナ・サウダージ」 (D.レイス)


今日は楽しいクリスマスイブ。
でも、そんな華やかなクリスマスには決して似つかわしくない、ずーんと暗く悲しい曲を載せてしまいます
f(^▽^;)
現代ブラジルの作曲家、ディレルマンド・レイスの「Eterna Saudade」を弾いてみました。

この曲、岐阜の哀愁ギタリストさんのYouTubeの演奏やKazu SuwaさんのCDから知ったのですが、一度聴いただけでその曲と演奏のよさにたちまち虜になってしまい、慌てて楽譜を探して練習を始めたのでした。
で、「私もああいう風に想いを込めた演奏がしたい」と願いつつ、とにもかくにも何とか録音まで漕ぎつけたのですが、ぜえぜえ言いながら録ったばかりの自演奏を聴いてみると

・・・ん?なんか違う。
前述のお二人の演奏を見倣ってゆっくりめのテンポで始めたのですが、こちらの思いに反してなんだかただのったりと退屈な演奏になってしまってて、これじゃダメだと一から曲作りをやり直すことになりました。
いろいろ悩んで、とりあえず今の形に落ち着きました。
イントロのない曲ですので、出だしは特に早目のテンポを心掛けて感情は抑えめに、で
聴かせどころのTrio(中間部)の部分からどんどん突き進んでいって、そしていよいよD.S(ダル・セーニョ)で最初に戻ったところで思いっ切り気持ちを込めてSaudadeしよう・・・とまあ、そんな風に構成を考えなおしてみました。
でも、これが果たして正解なのかどうかは未だに分かりませんし、やっぱり表現ってものすごく難しいです。
でもそこが『演奏』という行ないのたまらなく面白い部分なんですけどね。



ちなみにこの「Eterna Saudade」、邦訳では『遙かなる郷愁』とされているそうですが
曲の持つ内容、内包する感情を考えるとどうもピンと来ない。
どこかちょっと違うような気がします。
ブラジル・ポルトガル語の「Eterna」は、英語にすれば「Eternal」、永遠とか不滅とか果てしないといった意味だそうですが、では肝心の「Saudade」とは?
これがまたムズカシくてですね、かなり広くて深い意味があるそうなのです。

例えば、故郷を懐かしむのも「Saudade」
昔を思い出して切なくなるのも「Saudade」
失恋したときも「Saudade」
親しい人を亡くしてしまったときも「Saudade」

そういった意味の言葉なのだそうで、ふーむそう考えるとこのエテルナ・サウダージ、悲しいとか懐かしいとか切ないとか淋しいとか、そんな感情をひっくるめたものを表しているのかもしれません。
そうやって考えてゆくと、なんとなくこの曲のイメージが湧いてきたようなこないような・・・?(笑)
少なくとも邦訳『遙かなる郷愁』という字面から受けるイメージには惑わされないよう、がんばって弾いてはみたつもりです。←弱気


あはは。まあとにかくですね
もしよろしければ、興味とおヒマがございましたら(笑)
ぜひ聴いてみてやっていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


Eterna Saudade(エテルナ・サウダージ) D.レイス


posted by nao at 15:27| Comment(24) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


よかった・・
とりあえず元気そうで・・

サウダージ、曲を聴けば説明は要らないみたい・・

メリークリスマス♪

よいお年を・・

Posted by れな at 2015年12月24日 21:56
naoさま
こんばんは。
聴かせていただきました。
クリスマスイヴに、こんなにとっても悲しい曲をアップしてくれましたこと、感慨深いです。。。

サウダージ・・・昔を思い出してせつなくなる、という解釈がぴったりの演奏に感じました。
茶色と紫が混じった様な、セピア色の濃くて暗いバージョンの背景が浮かびました、うっ、何のこっちゃ!ですね。すみません。

良い曲です、そして素晴しい演奏です。さすが、naoさま!ありがとうございました。
メリークリスマス🎄(*^-^*)yukii
Posted by yukii at 2015年12月24日 23:18

れな様

ほんとうににお久しぶりですね。
お越し下さってとてもうれしく思います。

こちらはこんな感じで、まあ細々とですが(汗)
無事に過ごしておりますので
よかったらまた時々覗いてやっていただければと思います。

お聴き下さって本当にどうもありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

Posted by nao at 2015年12月25日 07:34

yukiiさま

せっかくのクリスマスにこんな悲しい曲を上げてしまって、ホントごめんなさい。
(^人^;)
でもお聴きいただけてとてもうれしく思います。
しかもそんな、音からセピア色のイメージまで想起して下さったなんて、正に演奏者冥利に尽きます。
心から感謝申し上げます。

そして来年もまたお互いに、楽しく元気でギターに取り組んでゆきましょう!
本当にどうもありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。

Posted by nao at 2015年12月25日 07:42
華やかな町並みを通りうるさいほどのクリスマス
ソングを聞かされた後に、独り静かに聴くとこの
曲のメロディと哀愁に満ちたギター音色が身に
しみわたります。

これまでの長い人生を生きて来てこんな素敵な曲に出会えて幸せだとしみじみ感じさせます。

ギター音色は人々にそれほどの影響を与えてくれる素晴らしい楽器であり、naoさんの演奏がその
魅力をさらにひき出させてくれます。
Posted by Tommy at 2015年12月25日 10:24

Tommyさま

あまりに過分なお褒めの言葉をいただき、大変恐縮しております。
私にとっては最高のクリスマスプレゼント、本当に励みになります。
これからも(まあぼちぼちとではありますが)人の心に届くような演奏を目指してがんばってゆくつもりですので、よろしければどうぞ見守ってやって下さいませ。

いつも本当にどうもありがとうございます。
Tommyさまも、どうぞよいお年をお迎え下さい。

Posted by nao at 2015年12月25日 21:47
naoさま
こんばんは。こんな夜分にごめんなさいm(__)m

この曲、実はどこかできいたこたあるなぁ〜なんて、思っていたのですが、、、、私聴いていました!それもライブで、あの場所で!

頂いた楽譜をパラパラとめくっていましたら(『11月のある日、弾けたらいいなあ〜』なんて、よこしまな気持ちを胸に秘めて)見つけました。
早速、譜面を見ながら聴かせていただきました。2Dの譜面からドンドン立体的に音が見えて来て、鍵かっこ1とか2とか、ポジションマークに惑わされてかなり見失いましたが(;'∀')、聴き取りました。

ため息です・・・すごいです!naoさま。
こんなにのっぺりした譜面がこんなにも豊かに悲しさを表現できるとは・・・

奥が深すぎて、底が見えません。

naoさまは本当にただものではないですね(;´・ω・)

感動のあまり、つい書いてしまいました。yukii
Posted by yukii at 2015年12月27日 01:34
yukiiさま

ふふ。大当たりです。
よくお気付きになって下さいました。

f(フォルテ)もp(ピアノ)も書いていない楽譜でも、その構造を深く読み込んでゆくと自然に唄が見えてきます。
そこを読み取って気持ちを込めて表現してゆくことが出来るようになってくると、それはもう本当に骨の髄まで楽しくて、音楽を表現することに病み付きになってしまいます。

大丈夫。yukiiさまほどの熱心な方ならすぐにでもその場所へ到達してしまうことでしょう。
ただ難しい指をきちんと押さえてきれいな音色でミスなく弾くだけじゃなく、その先にある世界をぜひ目指してみて下さい。
もんのすごく楽しいですよ?(笑)
お待ちしてまーす。
(*^^*)ノ


.....とはいえ、あまりにも褒めすぎですって。
読んで思わず赤面してしまいました。どうかご勘弁下さい(照)私のギターなんて、ただのno price(ただもの)ですので。
f(^▽^;)
そうそう、それから当ブログの今後の更新予定ですが、先のライブの曲を少しずつ順次載せてゆくつもりですので、よろしければどうぞご期待いただければと思います。
どうもありがとうございました。

Posted by nao at 2015年12月27日 19:56
あと 5分で 2016年です 
naoさんとは 東北の震災の頃からですから
2011年からおおつきあい
もう 5年になるのですねぇ

遥かなる郷愁
・・・・心の遠くに きっと naoさんの
なつかしい 
なつかしみたい 

でも やりきれない 思い出
忘れてしまおう としても
自分の力ではどうしようもなく
自分の無力さを感じるような そんな
風景が naoさんのどこかにあるような そんな演奏です


いつも 心の琴線に触れるような演奏
ありがとうございます。

ほんとうに naoさんを目指して
naoさんの爆笑をかいながら
私もギター練習 してきました。

また 一年 新しい形で 演奏がんばりましょうね♪

naoワールド いいですねぇ いつお聞きしても・・・♪今年もどうぞよろしくお願いします
Posted by kao at 2016年01月01日 00:00

kaoさま

あけましておめでとうございます!
新年の最初からこんな嬉しすぎるコメントをお寄せ下さいまして、本当にありがとうございます。
でも、本当はこちらの方こそ
kaoさまにはすごく影響を受けてきているのです。
ギターのためなら日本中どこへでも足を運ぶその行動力、レッスン以外にもきちんとした音楽理論を受講してしまうその熱意、何より誰とでも仲良くなってしまうそのお人柄、私は心から尊敬しています。
ぜひ、この2016年もお互いますます情熱を持って
楽しくギターに取り組んでゆきましょう!
どうかどうか、今年もよろしくお願いいたします。
ほんとうに
どうもありがとうございました。

Posted by nao at 2016年01月01日 10:37
ユーチューブでお見かけして この天才は誰なのだろう と思いここに辿り着きました

プロの方でしょうか?

とにかく圧倒的にうまい!!!

1960  など 素晴らしく その音楽性に感銘を受けました

どちらにお住まいなのでしょうか

演奏会などされないのでしょうか

こんな素晴らしいギタリストがいるなんて!!!
Posted by さや at 2016年01月03日 13:03

さやさま

はじめまして
当 拙ブログへようこそお越し下さいました。
お聴き下さりとてもうれしく思います。

とはいえ、あまりに大きな評価をいただいてしまって、ちょっと...いえかなり動揺してはおりますが(笑)でも大変光栄に思います。
そんな風にお受け取り下さって本当にありがとうございます。

私naoは福島県在住のアマチュアギター愛好家でして、今はコンサートの機会からも遠ざかっておりまして(まあ歳も歳ですし(汗))細々と当ブログにて自演奏を公開するといった程度の活動をしています。
それでもギターはずっと続けてゆくつもりでいますし、年に数回程度はどこかで弾いたりもしていますので、もし機会がありましたらその時はどうぞよろしくお願いいたします。

お聴き下さり本当にありがとうございました。

Posted by nao at 2016年01月05日 09:59
はじめまして。
時々訪れては聴かせていただいていました。
一昨年の12月アップされたピアソラの演奏は淋しい気持ちに優しく寄り添う演奏でとても印象に残っています。
私もギターをします、ソロ、duo様々でご活躍のnaoさん、私も色んな事がありますがいつも力をいただいています。

今日は思い切ってお聞きしたいことがあってコメントさせていただきました。
(このブログ会員に登録したのですが、メールを送るカテゴリからメール出来ず、困り果て、しばし悩みました)
実は、クレンジャンス:2つのラメントOp.74 の楽譜を東京のギターショップ、ネット販売、問い合わせをしつつ、諦められず探しています。ある書き込みにnaoさんのお名前があったので、輸入楽譜の購入先をお教えいただけないかと。
大変厚かましいお願いなのですが、よろしくお願いします。
Posted by marina at 2016年01月08日 14:42

marinaさま

はじめまして。
当ブログ管理人のnaoと申します。
コメントお寄せ下さりどうもありがとうございました。
拙ブログ、以前よりご覧下さっていたということで、気恥ずかしくも大変うれしく思います。
温かい応援のお言葉を下さいまして本当にありがとうございます。

さてさて、お尋ねのクレンジャンス楽譜の件ですが、確かに持っていたはずですのでちょっと今から探してみますね(笑)
でも私の楽譜も確か知人から頂いたコピー譜だったと思いますので、残念ながら原譜の入手先や入手方法はちょっと分からないのです。本当に申し訳ありません。
そこでちょいと一計を案じまして、もし、もしも差し支えなければ、marinaさまのメールアドレスをこのコメント欄に記入していただければ
(ご記入下さったメルアドは管理人の私にしか見えませんのでどうぞご安心下さい)何らかの方法で楽譜をお送りすることができるかもしれません。
もしも差し支えなければ、ひとつご一考いただければと思います。

ではでは
お越し下さって本当にありがとうございました。
もしよければどうぞこれからもよろしくお願いいたします。
Posted by nao at 2016年01月10日 09:22
コメントにお返事ありがとうございます‼
見ず知らずの私に寄せていただき恐縮です。
自己紹介がてらメールにてあらためたいと思います。
もし差し支えなければご連絡いただけますか?
慌てませんので…どうぞよろしくお願いします。
Posted by marina at 2016年01月10日 11:44

marinaさま

実は数日前にお教えいただいたそちらのアドレスへメールを送らせていただきました。
いえ、無事届いているならいいのですが、もしかしたら
「迷惑メール」の中に入ってしまってるとか、添付ファイルがそちらのウイルススキャンに引っかかって隔離されてしまってるとか、そんな事もあるかもしれないなとちょっと心配になったもので.....

もしよろしければ一度確認してみていただけますでしょうか。
勿論、無事に届いているようであればそれだけでもう充分ですので。
(^O^)
どうぞよろしくお願いいたします。


.....もし万が一まだどこにも届いていないようでしたら、どうぞご遠慮なくお申し出下さいね。
すぐに手段を講じて再送信いたしますので。
Posted by nao at 2016年01月13日 22:08
naoさま

(゚o゚;;すみません、無事に届いております。
実は送っていただいたその日に携帯メールアドレスから自己紹介兼ねてお礼方々返信メールを送らせていただきました。
先に記したパソコンアドレスから送ればよかったのですが、出先から急ぎお礼がしたかったので…。
てっきり読んでいただいたとばっかり思っていました。

ややこしくなってしまってすみません。
パソコンアドレスから再送します。
数日ご心配いただいていたのですね、、、
申し訳ありません 涙
Posted by marina at 2016年01月14日 19:25
naoさま

何度もブログコメント欄を荒らしてしまい申し訳ありません。
昨夜、メール再送させていただきました。
届きましたでしょうか?

出来る範囲でのテスト送信を行ってから送信しましたので大丈夫かとは思うのですが・・・
お時間のある時に確認いただき、もしよろしければメールへご返信くださいませ。
Posted by marina at 2016年01月15日 08:29
なんてなんて 綺麗な曲でしょう

最初の1小節で やられました〜〜〜

2年ぶりに琴線に触れました 
楽譜買うの何年ぶりでしょう 

もう〜〜なおさんの演奏に泣かせられました
私好みの曲です  
やばいです

早速 楽譜をネットでゲットしてしまいました

きっと なおさんの演奏がよかったから
自分で弾いたら ??? あの哀しい旋律がどこかにいってしまうでしょうが^^ 
Posted by かおり at 2016年01月23日 18:09
追伸

ギターは何をお使いなのでしょうか
Posted by かおり at 2016年01月23日 21:14

かおりさま

こんな演奏ですが、お聴き下さりまた温かいコメントまで下さいまして、本当にありがとうございます。
心から感謝申し上げます。

Reis、とってもいい曲ですよね♪
私も一目惚れのような感じで夢中になって練習しました。
でもきっとかおりさまならもっともっといい演奏をされるのでは?と思います。
どうぞ是非思いっきり楽しんで弾いてあげて下さいね。私も精一杯応援していますので。


ちなみに私の楽器は、ホセ・ラミレスのEstudioモデルです。本物のラミレスではなく学習者向けの廉価版ですね。
f(^_^;)
Posted by nao at 2016年01月24日 16:47
三寒四温、高齢初心者の私には厳しかった冬も
昨日は20度を超える温かさでギター音色が
恋しくなりました。お元気のお過ごしでしょうか

naoさんの次の出番を皆さん心待ちにしているの
ではないでしょうか。
Posted by Tommy at 2016年02月15日 09:42
とても感情豊かな演奏ですね。素晴らしいです。この曲、あまり日本では演奏される機会がありませんが、とても哀愁のある美しい曲ですから、naoさんの素晴らしい演奏を通じて、この曲が隠れた名曲として認知されるのは、とてもうれしいです。素敵な演奏をアップしてくださりありがとうございます。でも、この曲、クリスマスにアップされていたのですね。タイミングもなかなか思い切ったタイミングですごいですね(笑)
Posted by 岐阜の哀愁ギタリスト at 2016年03月05日 10:05

岐阜の哀愁ギタリストさま

コメントどうもありがとうございます。
本文にも書きましたが、実はこの曲を最初に知ったのは哀愁ギタリストMr.Nさまのようつべ動画からで、その演奏に深い感銘を受けて大急ぎで楽譜を入手して練習を始めた曲ですので、そんな風に大きな影響を与えて下さったご本人様に聴いていただけてとても感激しています。
まあその、例によって(私のことですから(汗))ある種奇抜な表現になってしまったかもしれませんが、その辺はどうか「しょーがねーな」と笑って見逃してやっていただければと思います。
(クリスマスなのに平気でこういう曲を載せてしまうのも、結局何も考えてないだけなのです。あはは、は(汗))

とにかく
お聴き下さって本当にありがとうございました!
心より感謝申し上げます。
Posted by nao at 2016年03月07日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック