2014年12月28日

つむぎ歌(糸紡ぎ娘の歌) A.バリオス


今年、2014年最後の配信となります。

今年もまた読者のみなさまには大変お世話になりました。
拙ブログを熱心に応援して下さいまして、もう心の底から感謝しています。(T ^ T)
みなさまの温かい励ましのおかげで、細々とではありますが今年も一年こうしてブログを続けることができました。みなさまの支えがあったからこそ、辛うじて自分への自信を失わず録音&公開を続けることができたといっても決して過言ではありません。
不肖管理人nao、このご恩はきっと一生忘れません。
心の底からの精一杯の感謝の気持ちを込めて、今年最後の演奏をお届けしたいと思います。


曲は、A.バリオスの「つむぎ歌」
「糸紡ぎ娘の歌」という訳題もあるようです(鈴木大介さんの新出版の楽譜などでもこちらのタイトルで紹介されています)
バリオスお得意のトレモロ奏法による大変静謐で美しい旋律を持つ曲ですが、一説によりますとこのトレモロは糸を紡ぐ作業の様子を表しているそうで、糸紡ぎマシーン(?)の前に座ったうら若き娘さんが、カタカタと仕事を続けながら次第に過去の記憶や遠い昔の想い出に浸ってゆく様をモチーフとして書かれたものだそうです。
私としても、楽譜を読み込んでゆくほどに
「このトレモロは決して速く弾くべきではない」と思うようになりまして、そうしてこうした表現に辿り着きました。
でも実はトレモロのような奏法は、ある程度スピードに乗せて弾いた方が余程アラが目立たずに済みますので、こうして遅く弾こうとするとかえって難しくなってしまうのです。
いやあ、正直相当悪戦苦闘しました(^_^;)が、ようやく録音までこぎ着けることができましたので、そんな苦労の結晶を(笑)ぜひ聴いていただければと思います。
どうかどうか、よろしくお願いいたします。(^人^)


それではみなさま
今年も一年本当にどうもありがとうございました。
そして願わくばどうぞ来年も変わらぬご愛顧のほど、伏してお願い申し上げます。
では、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。
皆様のご多幸を心よりお祈りしています。

・・なんか年賀状みたいになっちゃいましたね f^^*)(笑)


つむぎ歌 (Cancion de la Hilandera)




以下は、私の非常に個人的な話になりますが
私にとってこの2014年という年は、大変多くの別れに直面しなければならない年になりました。
今まで私のこの全霊を込めて創り出してきた(つもりの)音楽を評価して支持して下さってきたはずの私の身近な人たちが、実はそれは単なる社交辞令に過ぎず、本心ではまるで評価なんてしていなかったという事実をはっきりと突き付けられてしまったのです。
それは私にとっては本当にものすごいショックな出来事で、実は今もあまり立ち直れてはいないのですが、根底から自信を失うには充分のとてもとても辛いトラウマとなりました。

もしも自分の演奏に対して「素晴らしい」「感動した」と伝えて下さった方がいたとして、でもそれが単なる社交辞令に過ぎず本心では何とも思っていなかったとしたら・・・?
それはもう「嘘」や「だまし」と呼んでもいい位、非常に罪の深い行為だと思うのです。
演奏に対して相手が真剣に取り組んでいればいるほど、そうした
「とりあえず適当に褒めておけばいいだろう」というやり口は、非常に深く重い傷を相手に与えてしまうと思うのですが、いかがでしょう・・・

でも、価値観というものは人それぞれですし、「何に重きを置くか」という部分が食い違ってしまうのもこれは致し方ないことなのかもしれません。
もちろん私は自分がギターが上手だなんて全く思っていませんし、そうした部分が評価されなかったから悲しんでいるというわけでは決してないのですが、ただ
人生の大半を費やして、それこそ自分の中で一番大事な存在として魂込めて全力でギターに打ち込んできたその私の「本気」こそを、あまりに軽く取り扱われてしまったことが
(しかもずっと心から信頼してきた人たちから急にそうした態度を取られてしまったことが)本当に悲しくて悔しくて、もう死ぬほど辛い思いをしてしまいました。
今はそうした人たちから距離を置くことでとりあえず一定の安息を得ていますが、でもこのトラウマは恐らく一生引きずることと思います。

勿論今回の録音ではそんな個人的な、忸怩たる思いをぶつけるような演奏は極力避けたつもりではありますが、でももしかしたらこの「つむぎ歌」の表現のどこかに滲んでしまっているかもしれません。
もしもそうした意味でお聴き苦しい部分がありましたら、心からお詫び申し上げます。
 でも、そんな個人的感情は抜きにして、このバリオスの「つむぎ歌」本当に素敵な曲ですので、よろしければぜひちょっとだけでも聴いてみていただければと思います。


posted by nao at 18:42| Comment(21) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年最後にトレモロ曲を弾いていただきありがとうございます。退職してトレモロ曲を弾きたくて始めたギターが今年一年筋肉痛に始まって腱鞘炎となり殆ど練習らしきことはできない状態で苦しい一年でした。

そんな中でnaoさんのブログを知り素晴らしいギター演奏を聴きこれまであきらめずにギターにしがみついて来れました。いつかはトレモロ曲も弾こうと心新たに気持ちを引き締めて来年に望みを託します。ありがとうございます。

人間、生きていると色々ことがありますね。それでも神様は公平でその人が耐えられないほどの苦痛は決して与えず乗り越えたときには最高の贈り物と気づかせてくれるそうですよ。新年も楽しみにしております、どうぞよろしくお願い致します。
Posted by Tommy at 2014年12月28日 19:24
naoさま
なんと言葉をかけたらいいのか、本当に心が痛いです。そんな経験をした年だったんですね・・・なぜ?とかどうして?とか、訊いても人の気持ちは分からない部分があるから、勝手に理解しなくては、と考えると自分を責めることにつながってしまいます。それなのにそんなこと感じさせなくて、素敵な演奏はnaoさんの手を離れて私を励ましてくれました。本当に、本当に暖かいギターの音色に心の穴が満たされて、泣きました。すみません。おばさんのくせにおセンチモードです(;'∀')

『つむぎ歌』の説明を載せていただいてるので情景が目に浮かび楽しめました。仕事を表すことがギターテクニックでできて(さすがテクニシャンですね)ギターの魅力が伝わりました。

来年もよろしくお願いします。インフルエンザ流行ってるようです、お体大切に、良いお年をお迎えください。yukii
Posted by yukii at 2014年12月28日 19:33

Tommyさま

温かいお言葉を掛けて下さって本当にありがとうございます。
どこかで聞いたことのある台詞も、人生の先輩から聞かせて頂けると、なんだか重みというか説得力がまるで違います。
ものすごく励まされてしまいました。

この一年、腱鞘炎という大変厳しいお怪我にも怯むことなく、何よりギターへの熱意を決して失うことなくずっと立ち向かわれてきたTommyさまのお姿を拝見させて頂いて、こちらこそ大変大きな勇気を与えられました。
私も負けてはいられないよなと、とても大きな刺激をいつも頂いておりました。
(ちょっと指先割れた位でピーピー言ってる場合ではありませんよね(^o^;))

私、実を申しますとトレモロというのは本来苦手なのですが、こうしてこの曲にチャレンジできたのもTommyさまの影響がとても大きかったりするのです。
たくさんの勇気を頂いてほんとうに本当に感謝しています。特に今回は気持ちを救って下さって、本当にありがとうございました。
来年もぜひ、同じ同好の士としてお互い楽しくギターを続けてゆきましょう!

心から
どうもありがとうございました。


Posted by nao at 2014年12月28日 22:19

yukiiさま

そんな風に思い遣り溢れるコメントを残して下さって、心からありがとうございます。
すごく救われてしまいました。
相手の心の痛みを自分の事のように感じることのできる、ものすごく心優しい方ですね。なんだかとても感動しています。

今回もこんな短調の曲を選んでしまったのに(ホントにごめんなさい(汗))がんばって聴いて下さってとってもうれしく思います。
このブログの読者さんはみなさんそうした優しくて温かい方たちばかりで、そうした方々に支えられて私は本当に恵まれています。
精一杯の感謝の気持ちを詰め込んで、これからも出来る限り弾き続けて載せ続けるつもりですので、どうかずっといつまでも見守ってやって下さいね。

ほんとうに、心から
ありがとうございました。
yukiiさまの元にもたくさんの幸せが訪れますように…

どうぞ、良いお年をお迎え下さいませ。


Posted by nao at 2014年12月28日 22:36
たたでさえ、トレモロは難しいのに、強弱、スピード、音色を思うがままにコントロール出来るnaoさんの高い技術に驚かされました。
バリオスの曲の中では、あまり知られていない、軽く弾いてしまえば地味になりがちな曲が、大変、美しいドラマチックな曲に仕上がっていますね。
naoさんの、この曲に対する本気を感じました。お世辞ではなく感動しました。
自分は、まだまだnaoさんには遠く及びませんが、目標にしております。

naoさんが、ギター仲間と何があったのか、分かりませんし、軽々しいことは言えませんが…
naoさんは、力強さと繊細さを合わせもった演奏…演奏スタイルにもnao節があり個性豊かです。私は大好きですよ。もちろん、私には私のスタイルもあるし、真似できるものではないと思っていますが、いつも刺激を受けております。
どうか乗り越えて、来年も素敵な演奏をお聞かせくださいね。
Posted by 岐阜の哀愁ギタリストMr.N at 2014年12月29日 11:12

岐阜の哀愁ギタリストMr.Nさま

ブログにまでお越し下さってどうもありがとうございます!しかもそんなにも温かいコメントまで(涙)本当にうれしく思います。
ですが、あれほど弾かれるMr.Nさまから「目標」だなんて言われてしまうと、畏れ多くてどうしていいか分からなくなってしまいます。

でも多分きっと、私たちは表現の方向性が非常に似通っているのではないかと思いますし、だからこそMr.Nさまの音楽は私の中にストレートに入ってきてくれるのです。
こちらこそこれからのMr.Nさまのますますのご活躍を心から楽しみにしていますし、何より今後もたくさん吸収させてもらっちゃおうとヒソカに企んでいるところなのです(笑)

今年一年、本当にありがとうございました。
そしてこちらこそどうぞ来年もよろしくお願い申し上げます。


Posted by nao at 2014年12月30日 01:49
あけましておめでとうございます。
今年も是非、素晴らしいギター音色を楽しみに
訪問させて下さい、よろしくお願い致します。
Posted by Tommy at 2015年01月04日 12:40

Tommyさま

あけましておめでとうございます。
ご丁寧なご挨拶を下さいましてどうもありがとうございます。
そんな風に言っていただけると大変うれしく思います。遅々として更新の進まないずぼらブログではありますが(汗)それでも少しずつ今年も演奏を載せてゆくつもりですので、どうぞ変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。
どうもありがとうございました!

Posted by nao at 2015年01月04日 22:04
nao様 始めてコメント書かせていただきます。

いつも、仕事をしながら聞かせていただいています。
(ガンバやチェンバロ、リュートなどを作っていますので)

ただ、上手に弾かれているだけでなく、若いプロの演奏家にはとても出来ない、人生経験に基づいた深い演奏にいつも感心させていただきながら、聞かせていただいています。

中南米の音楽は、私にはあまり理解できませんが、バロックやクラッシクの曲を楽しませていただいています。

今年も、素晴らしい演奏を聴かせてください。

最後にお願いですが、nao様のブログを私のブログに
リンクさせていただけませんでしょうか?

(私のブログは‐- 古楽器製作家の思うこと‐-ですがほとんどギターのことを書いています。)

よろしくお願いいたします。
Posted by こがっき at 2015年01月25日 23:11

こがっきさま

はじめまして。
いつもお聴き下さいましてどうもありがとうございます。しかもこんなにも嬉しいコメントまでお寄せ下さり、とても感激しています。
リンクのお申し出、大変光栄に思います。こちらからも謹んでお願い申し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。
また、もしも差し支えなければこがっきさまのブログの方もぜひお教えいただけませんでしょうか。
もしかしたら私も以前お見かけしたことのあるサイトではないかという気がしているのですが、もしよろしければぜひこちらの拙ブログにもリンクを貼らせていただければと思います。
ではでは、拙い演奏ではありますがその温かい励ましを支えにこれからも弾き続けてゆくつもりですので、どうぞ今後とも末永くお付き合い下さいますよう伏してお願い申し上げます。

本当にどうもありがとうございました。

Posted by nao at 2015年01月27日 07:02
早速、コメントの返事をいただきありがとうございます。私のブログは 先のコメントにも書かせていただいたように、「古楽器製作家の思うこといろいろ」
http://kogakki.blog.fc2.com/ です。

ブログでnao様 ブログのことなど、紹介させていただきます。
これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by こがっき at 2015年01月27日 11:03

こがっきさま

コメントどうもありがとうございます。
早速リンクを貼らせていただきました。ブログだけでなくHPも運営されていらっしゃるのですね。
楽しく拝見させていただきましたが、素晴らしくご活躍されている大変高名な製作家の方と知り(ギターはもとより何とチェンバロやヴィオール、それに幻のアルペジオーネまで手がけておられるとは!)そんな方にリンクさせていただけるなんて大変光栄に思っております。
音楽に対する造詣も大変深いものをお持ちですし、もしご迷惑でなければこれを機会にいろいろお教えいただければと思っています(図々しいのはどうぞご勘弁下さいませ(汗))

とまれ、こちらこそどうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
どうもありがとうございました。



.....ちなみに只今こちらはヴァイスの曲を猛練習中でして、うまく行けば来月にはブログに載せられるかもしれません。
もしお気が向かれましたらその頃またお越しいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


Posted by nao at 2015年01月29日 09:18
春雨後の今朝もカエルが道路に出ていました。
naoカエルのギターももうすぐ聴けるのかな??
Posted by Tommy at 2015年03月04日 09:19
東北の春は まだですか??
Posted by kao at 2015年04月04日 19:40
naoさま
私事ですが、今度の日曜日2回目の発表会に出ます。カルカッシのハ長調のワルツを弾きます。三拍子が苦手で(盆踊りが好きです)不安ですが、naoさんがきっと応援してくれると思い、がんばります。yukii
Posted by yukii at 2015年04月07日 19:24

yukiiさま

すっかり更新も止まってしまった拙ブログですのに、今も覗いて下さっていて本当にありがとうございます。そのお優しいお気持ちに心の痛みを覚えつつ、でもとてもとても感謝しています。

明日が発表会なのですね。しかもまだ2回目のステージだなんて、なんて素敵なのでしょう!
大丈夫。yukiiさまならきっと素晴らしいステージになりますとも。自信を持って思い切って飛び込んでみて下さい。

本番ステージでの生演奏に臨む心構えについては、人それぞれ実に様々な思いや考え方があると思いますが、私の場合はそうですね......よく
『ラブレターを書く』ような気持ちになぞらえたりしています。
例えば、文章も見事でてにおはも完璧、どこから見ても非の打ち所のないまるでお手本のような美しいラブレターより、字は汚いし内容もメチャメチャだけど、きっと顔から火を吹きながらそれでも一生懸命何日も掛けて書いてくれたんだろうなという手紙の方が、やっぱりはるかに感動しますしとても嬉しくなります(そんなの一度でいいからもらってみたいものですが(笑))
私自身は、そうしたラブレター......じゃなかった演奏こそ聴かせてほしいし自分でも弾きたいと常にそう願っていますし、そしてそう思っている方はきっと他にもいっぱいいるはず。
大丈夫。(*^^*)/
一生懸命立ち向かって、そして精一杯心をこめて何かを伝えようとする事こそ、最も尊く美しい行いのはず。ドキドキしながら勇気出すのはラブレターもステージも一緒です(笑)
こんな私ですが、でも精一杯心の底から応援しています。明日はきっと必ず、yukiiさんにとってとても充実した時間になるはず。
どうぞ勇気を持って、そして思いっきり楽しんで来ちゃって下さい!
たくさんの感動が明日yukiiさんの元に訪れてくれることを心からお祈りしています。
行ってらっしゃいませ!


Posted by nao at 2015年04月11日 07:30
tommyさま
そしてkaoさま

ご心配をお掛けして申し訳ありません。
拙ブログの更新を待っていて下さるお気持ちは大変嬉しくありがたいのですが、今は体調不良と身体のあちこちの故障により曲をきちんと仕上げることが叶わない状態なのです。
故障の回復に努めつつ出来るだけ早く更新できるよう尽力いたしますので、どうかお赦し下さいますよう心からお願い申し上げます。

私のところだけ、まだまだ春は遠そうです。ゲコゲコ。


Posted by nao at 2015年04月11日 07:41
naoさま
しつこくコメントを送ってごめんなさいm(__)m
アドバイスありがとうございます。暖かい応援心に沁みました。もう二百人力のパワーで臨めました!!言葉にできないくらいうれしかったです。
結果は・・・残念なことに舞い上がってしまい、最後の最後の2小節でやっと気持ちを伝えるバランスを体と心が一つになって取れた感じです。弾く前にちょっとかっこつけて遠慮したため、リハーサルせず臨んだのもいけなかったです。ずうずうしく一度立ってみればよかったかなと思います。(;^ω^)
でも、naoさん、私は本当にうれしかったです。いろいろあってまさか今日発表会でるなんて思わなかったのに出たし、そしてnaoさんに暖かい言葉を貰えたし。
ラブレターを書き続けます。

naoさまの体調回復心よりお祈りします。

フレー、フレー!naoさん!!(^^)!yukii
Posted by yukii at 2015年04月12日 22:36
暖かくなってきました、気分転換もできます。
多くの仲間がnaoさんの音色を待っていますよ。
Posted by Tommy at 2015年06月06日 08:46

Tommyさま

こんな更新の途絶えたブログをずっと気に掛けて下さっていて本当にありがとうございます。
世の中にはまだまだ気持ちの優しい方がいらっしゃるのだと思うと、何だか救われたような気がしています。
おかげさまで、本日ようやく新録音を公開することができました。ご期待に沿えられますかはなはだ不安ではありますが、よろしければ聴いてやって下さいませ。
どうもありがとうございました。

Posted by nao at 2015年06月09日 20:25
好きだから弾く
それだけでいいんじゃないでしょうか

そして、それは素晴らしいことのひとつだと思いますよ(^-^)/
Posted by at 2015年07月30日 23:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック