2011年07月24日

素朴な歌/小シシリエンヌ(佐藤弘和)


佐藤弘和氏のCD
「佐藤弘和ギター作品集 1 / 秋のソナチネ〜素朴な歌」に収録されている
『素朴な歌』と『小シシリエンヌ』を弾いてみました。

どちらの曲もとても穏やかで小さくて優しくて、とても素敵な世界を持つ曲だと思います。
そしたらやはり人気の高い曲のようで、Webを歩いてみると実に多くの方が弾かれていて、そしてどの演奏もみな魅力に溢れていて
そんな中に後から乗り込んでゆくのはとっても気が引けるのですが(たらーっ(汗)
まあでも、拙いなりに精一杯気持ちを込めて弾いてみましたので
もしよろしければちょっとだけ聴いていってみて下さい。
(お茶の一杯もお出しできず申し訳ない限りですが・・・(笑))


素朴な歌(A Simple Song)


小シシリエンヌ(Petite Sicilienne)



posted by nao at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2曲拝聴させていただきました。
「素朴な歌」ひと頃はギターを弾くひと皆が弾いていて食傷気味だったのですが、
naoさんのゆったりしたテンポで聴かせて頂くと、秋の落ち葉舞う散歩道をカサコソ音を立てて歩いているような、
自然の中でホッとくつろいでいるような気持ちになります。
なんて言ってますが、これからいよいよ夏本番へと突入の時期なので、くれぐれも無理せずお身体を一番に大切にしてください。
そしてまた、素敵な演奏を聴かせてください。
Posted by mimi at 2011年07月25日 20:01

mimiさま

お聴き下さりどうもありがとうございます。
そうして、何かイメージを想起しながら聴いていただくことが私にとっては最もうれしいことなのです。
本当に感謝申し上げます。
実は夏の苦手な私ですが、気分だけでも涼しくなるよう(!)これからも雰囲気を感じてもらえるような演奏を心掛けたいと思いますので
どうかどうか、よろしくお願いいたします。
m(__)m

どうもありがとうございました!

Posted by nao at 2011年07月26日 17:17
こんばんは。
不勉強なもので、ふたつとも初めて聴きました。
「素朴な歌」は秋の雰囲気がいっぱいの曲ですね。
木々が色づいて落葉していくのを見るのはさびしいけれど、おいしいものがたくさんあって、楽しいイベント(栗拾い、いもほり等)もあるような…。
naoさんなら、めちゃめちゃ悲しくも弾けるのでしょうけど、抑え目に弾いてくださっているので、いろんな想像ができます。

「小シシリエンヌ」は、さっき他の方の演奏をふたつ聴いてきました。
これ、面白いですね。
「ケンプのジグ」みたいに、しっかりリズムを刻んで弾くこともできるし、naoさんみたいにスローにやさしい感じで弾くこともできるんですね。
naoさんの弾き方は、ロマンティックですが、登場人物があまり積極的でなくおずおずと控えめな印象を受けます。

どちらも曲名を受けて、解釈をされ、演奏の仕方を練られたんでしょうね。
格上の演奏、恐れ入りました。
Posted by カステラミルク at 2011年07月27日 22:05

カステラミルクさま

いつもお聴き下さってほんとにありがとうございます。
立て続けに重い曲をアップしてしまったので、次は穏やかでやさしげな曲がよいのではないかと思い
佐藤弘和さんを選んでみました。

でもやはり、そんなに簡単に気持ちが落ち着くはずもなくて
(やっぱりまだ心のどこかであの恐ろしさをひきずってしまってるのだと思います)
そうした空気が、演奏のどこかににじみ出てしまっているのかもしれませんね。
いつもそんなにも深い部分まで聴き取って下さって、とても感謝しています。
何より、そうして聴いて下さる方がいる・・・ということが
すごく励みになります。
いつまでも落ち込んでばかりもいられませんよね。
これからもがんばって弾き続けてゆきますので、どうかこれからも、そして願わくばいつまでも
応援してやって下さいね。

ほんとうに
ありがとうございます・・・(/_;)


Posted by nao at 2011年07月29日 22:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック