2016年12月12日

リバーサイドホテル(井上陽水/永塚節編)


先月のことです。
隣町の公民館から
「秋祭りの中のアトラクション(余興)として、30〜40分ほどギターの演奏をしてほしい」という依頼を受けました。
ただ「誰もが知っているような曲を」という条件でしたので、最初はお受けするかどうか少し悩んだのですが、まあ家中ひっくり返してポップス系の楽譜をかき集めればなんとかなるだろうという安易な結論を無理くり導いて(笑)謹んで依頼をお受けして弾いてきました。
結局、10曲近く用意してほとんどMCなしで連続でどんどん弾く、というスタイルを採用したのですが、喫茶店やレストランでの生演奏ぽかったという感想をいただき、概ね好評だったようでホッとしています。
お話をいただいてから本番まで二ヶ月くらいしかなかったので、その間に曲を集めて練習して仕上げるという作業は、普段練習しているのと違うジャンルの曲たちということもあってかなり大変ではありましたが、でも演奏依頼を下さったということそのものがとてもうれしかったので、こうして無事終えることができて本当によかったと思っています。

そんなわけで、今やすっかりポップスギター弾きとなった私ですので、今回からは日本の有名なポップス曲をギターソロでお届けしたいと思います。じゃーん!
(いえでもホントは、せっかく練習した曲がもったいないので録音してみただけなんですけどね(汗))


今回の曲は、井上陽水氏の「リバーサイドホテル」です。


私ですら知っているのですから、この曲を知らない人は多分いないのではないでしょうか。
この曲を選んだのは、実は特に原曲が好きだからというわけではなく(陽水さんゴメンナサイ)編曲が無茶無茶カッコよかったからなのです。
こういうジャンルの曲を、クラシックのギターソロで、簡単すぎずまた難しすぎずしかも弾いていてどこか恥ずかしかったり照れ臭かったりしないような編曲の楽譜というのは実は結構少なくて、いい編曲に巡り会えただけでとてもラッキーだと思うのです。
今回使用したこの永塚節氏の「井上陽水ギターソロ作品集」という曲集は、現代ギターより出版されている楽譜ですので、恐らく今でも版を重ねて販売されているのではないでしょうか。
我々クラギ奏者としては「困ったときのポップス曲集」ということで(笑)いざという時にとても重宝すると思います。
では、もしよかったら
ご用とお急ぎでなかったら(笑)ぜひちょっとだけでも聴いてみていただければと思います。


「♪ 夜明けが明けたとき……」
「♪ 川沿いリバーサイド……」
???(笑)


リバーサイドホテル


posted by nao at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする