2016年12月10日

ギター曲集『風の間奏曲』より(その4)


またまた今回もひつこく
佐藤弘和氏の『風の間奏曲』より2曲ほどお届けしたいと思います。
よかったらちょっとだけでも聴いてみて下さい。


★思い出     P15
作者の注釈にもあるように、この曲は五音音階で書かれています。
五音音階の中でも「ヨナ抜き音階(第4音と第7音を抜く)」が使われています。
簡単に解説しますと、この曲はト長調ですので主音は「ソ」ですよね。
その「ソ」から数えて4コめの音符は「ド」になります。
また、7コめは「ファ♯」です。
つまり、本来「ソラシドレミファ♯ソ」となるはずの音階からドとファ♯を抜いて
「ソラシレミ」だけを使って書かれている、というわけなのです。
勿論、『絶対に使ってはいけない』というわけではないので、あえて部分的にこの法則を破ることで逆にペンタトニックを強調するという手法もよく使われます。
そういう部分も意識しながら聴いたり弾いたりしていただけたら面白いかもしれません。
音階から2コ音を抜くことであえてゴツゴツした感じを与え、でもそのおかげで意外性や郷愁感などといった効果を持たせることが出来る…
それがこの五音音階の一番の狙いなのです。
(代表的な曲を挙げると、君が代やさくらさくら、ロンドンデリーの歌なども
五音音階で書かれています)
そうした、ある意味ちょっと古臭い手法の音階ではありますが、でもそれをこんなにもモダンでおしゃれな今風の曲に仕上げてしまうのは、さすがは名コンポーザー佐藤氏!だと思います。


★聖ヴァレンタイン・ワルツ  P17
まだクリスマスも来てないのにバレンタインだなんて、季節外れも甚だしくて申し訳ない限りなのですが(笑)でもま
改めてタイトルを見直してみると「聖」が付いていますので、これはきっと聖人ウァレンティヌスのことを指しているのだろうと勝手に決めつけてアップすることにしました。
そんなしょーもない言い訳とは全く関係なくとてもチャーミングでいい曲ですので、よかったらぜひ聴いてみて下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。


思い出 (Remenbrance)


聖ヴァレンタイン・ワルツ (St.Valentine-Waltz)



posted by nao at 14:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。