2020年03月18日

無伴奏チェロ組曲第一番よりプレリュード(J.S.バッハ/佐々木忠編)




えー本日は
「大バッハ通俗的名曲シリーズ」の第三弾ということで
『無伴奏チェロ組曲』より第一番のプレリュード(前奏曲)をお届けしたいと思います。
(えっこのシリーズまだ続いてたの?(笑))

このバッハの手による『無伴奏チェロ組曲』は、全部で六番まで書かれている全世界のチェリストのバイブル的名曲ですが、おそらくこの第一番のプレリュードが最も有名なのではないでしょうか。
私の知るギタリスト諸氏の中でもこの「第一番プレリュード」はやはり非常に人気が高く、多くの方が弾かれているのを耳にしてきました。
そんなこんなで「"通俗的名曲シリーズ"とうたうからにはこの曲は外せまい」との判断から、この第一番プレリュードを弾いてみようと思ったわけでございます。

これだけの名曲そして人気曲ですので、今までもたくさんのギター譜が出版されていますが
今回は佐々木忠氏による編曲譜を使用しました。
原調G-durを1音上げてA-dur(イ長調)へ、そしてE弦Dチューンで弾くという指示がされています。
おそらくこの楽譜こそが、この曲をギターで弾くにはベストの編曲だと思われます。

ではでは、大バッハ先生の無伴奏チェロの名曲、
よかったらぜひ聴いてみて下さい。
追記
posted by nao at 19:37| Comment(8) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

めぐり逢い(アンドレ・ギャニオン/高木哲也編)




『ピアノの詩人』アンドレ・ギャニオンの
「めぐり逢い」を弾いてみました。
(懐メロとは言わないで(泣)(笑))

ギターソロへの編曲は高木哲也氏。
「こころやすらぐソロ・ギター(ヤマハミュージック)」という曲集に収録されています。

でもまあ確かに、非常に懐かしい曲ではありますよね。
この曲を初めて聴いたのはまだ社会人になって間もない頃でしたっけ。
(それって一体何百年前のハナシ?)( ̄▽ ̄) ニヤリ
アンドレ・ギャニオン氏のファーストアルバム「Impressions」はとても気に入って、しょっちゅう聴いていた記憶があります。
その後何度もドラマ等で使われたようですが、そっちの方は正直門外漢でよくわかりません。
でもこれだけ綺麗な名曲ですから、日本でそれだけ流行ったのも充分うなずけます。

(個人的には、この「めぐり逢い」より、同じImpressions収録の
「雨ふりのあとで Apres la Pluie」という曲の方が好きでした。というか思い切りハマってました。
どこかでギター譜出してくれませんかねえ(笑))

ところでこの楽譜ですが、C-dur(ハ長調)に編曲されていますので非常に弾きやすくなっています。
原曲はAs-dur(変イ長調)ですから何とフラット四個!
変イのあの響きは欲しいところですが、でもギターで弾くにはちょっと困難を極めますので、このハ長調への移調は大正解だと思います。

で、弾いてみたわけですが、原曲のあのイメージがとても鮮烈で
そうなるとやはりどうしてもあのバックのストリングスが欲しくなってきまして
(あのオブリがまたいいフレーズを持ってるんです(笑))
そこでちょいと一工夫。原曲からバックの音を拾って多重録音で付け加えてみました。

ただ音程がどうしてもかぶってしまって、同じギターでの伴奏パート追加はあまり成功とはいえないかもしれません。
その辺のご意見ご感想もお聞かせいただけたらうれしく思います。

ではでは、懐かしの(←コダワる(笑))アンドレ・ギャニオンの名曲を
よかったらぜひ聴いてみて下さい。

追記
posted by nao at 22:39| Comment(4) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

G線上のアリア(J.S.Bach/江部賢一編)



今回は
「大バッハ通俗的名曲シリーズ第二弾」と題しまして(え?これシリーズだったの?キイテナイんですけど(笑))『G線上のアリア』をお届けしたいと思います。

バッハ作品の中でも非常に有名な曲で、元は「管弦楽組曲第3番」の二曲目Airで(つまり合奏曲)それをバイオリニストのうんちゃら氏が転調してG弦一本で弾いてみせたところから広まったとかうんぬんかんぬん。
という、誰もが知る名曲でございます。


ギターソロへの編曲はかのエベケン氏。この楽譜も非常に素晴らしい編曲がなされていて、弾いて楽しく聴いて美しい仕上げとなっています。元々の「管弦楽組曲」ではD-durですが、このギター譜はバイオリン版と同じC-durで書かれています。(そうです。昨日の平均律クラヴィーアと同じキーとなっています。たまたまですが)

とはいえ、難易度に配慮したのか多少響きが薄い部分がありましたので、勝手ながら所々中声部の音符を追加して弾いてみました。
よかったらぜひ聴いてみて下さいませ。よろしくお願いいたします。
m(_ _)m


追記
posted by nao at 22:53| Comment(7) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月23日

平均律クラヴィーア 第1巻 第1番 プレリュード(J.S.バッハ/久保公二編)




ごほん。えー.......
(何か照れる(恥))


大変久しぶりの更新となります。
バッハの『平均律クラヴィーア曲集第1巻』より、第1番の前奏曲を弾いてみました。
このギターソロ版の編曲は久保公二氏、
原曲通りC=dur(ハ長調)で書かれています。
さほど難しくもなく取っつきやすい上に雰囲気が出ている、非常にいい編曲だと思います。

でも、一般には
「平均律クラヴィーアのなんちゃら」というより
「グノーのアヴェ・マリアの伴奏パート」といった方が、すんなり分かってもらえるかもしれません。
よかったらぜひこの動画と一緒に歌ってみて下さいね。

(そんな奴はいねぇって(笑)ですよね〜)


posted by nao at 21:36| Comment(2) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

I remenber Mr.Hirokazu Sato


今回の『好ギタ日』は、とても残念で悲しいお知らせをしなければなりません。

2016年12月22日、ギタリストで名作曲家の佐藤弘和氏がお亡くなりになりました。
享年50歳、あまりに早すぎる訃報に大きな衝撃を受けています。


この日本のクラギ界において、氏の功績は計り知れないほど大きなものがありました。
ソロからアンサンブルまで活躍された演奏活動はもちろんですが、門下から何人ものプロ奏者を輩出していますし、何よりビギナー向けの革新的な入門曲から村治佳織氏のようなトッププロへの楽曲提供まで、ギター作曲家としての貢献度たるやあまりに多大なものだったといえるでしょう。
(氏の編曲による『戦メリ』が作曲の坂本龍一氏から絶賛され、それを機に坂本氏が村治佳織氏のために自身初のギター曲を作曲して献呈下さったというのは有名な話です)


僭越ながら拙ブログでも、佐藤弘和氏の作品は今までいくつも弾かせてもらってきました。
特にピアソラの曲を佐藤氏がギター用に編曲した「タンティ・アンニ・プリマ」や、同じく佐藤氏編のギター二重奏版「ロンドンデリーの歌」などでは、佐藤氏がなんと自らのFacebookなどで取り上げて下さり、非常に感激したのを強く覚えています。

何年か前の重奏フェスタでは、図らずも「共演」させていただきましたし、GGサロンのコンサートではお会いしてお話させていただいたこともありました。
何より、氏の作品の大ファンの一人として、これからまだまだ何十年も素晴らしい曲をたくさん弾かせてほしかった・・・
そう思うと、早すぎる訃報があまりにも残念です。


私たちはまたひとり、かけがえのない方を喪ってしまいました。



氏の作品の素晴らしさ、その価値の高さはギターに携わる者なら誰もがみな認めています。
「惑星幻想曲」や「My favorite things」など、私だってまだまだ弾きたい作品がいっぱい溜まっています。
氏のギター作品は、間違いなくこの先何十年、何百年と、日本のみならず世界中のギター演奏家に弾き継がれてゆくことでしょう。


今はただ、心からご冥福をお祈り申し上げます。
どうか今はゆっくりとお休みになって下さい。
今まで本当にお疲れさまでした。
そして心からありがとうございました。

続きを読む
posted by nao at 16:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

エナジーフロー(坂本龍一〜nao編)


エナジーフローと聞いて、まず思い出されるのがあの
栄養ドリンクのCMですよね。
大都会の大きな交差点の真ん中でグランドピアノを弾く教授の姿がとても印象的でした。
当時アホな青年だった私は、あのCMに痛く触発されて
「よーしオイラも!」と、田舎の大したことない交差点で
(それでも地域で一等大きな交差点だったんですよ)
ギターと椅子を抱えて、歩行者赤信号になったらダッシュしてド真ん中でギター弾いたる!と、実行寸前まで行ったのも今では青春の淡い思い出でございます。
でも

・・・スクランブル交差点じゃなかった
・・・苗積んだ軽トラ軍団に弾かれそうになった
(アホ)


とまあ冗談はともかく(照)
このエナジーフロー、当時ものすごく流行りましたよね。
もう10年以上前だよなあ…と、改めて調べてみるとなんと1999年の発売だったそうです。ノストラダムスとか2000年問題とか、いろいろありましたっけ。(遠い目)
私も当時いの一番にCDを買ったひとりですが、CD発売から程なくして
「ウラBTTB」という白い表紙のピアノ譜が販売されているのを見つけまして
その楽譜を入手したことがこの曲のギター編曲への大きな動機となりました。
でも編曲といってもこの曲の場合調性も変える必要がありませんでしたし、特に難しいところもなくただピアノからギターへ移した、といった程度のものです。
出来るだけ原曲のイメージを崩さず、という意図を守った結果でもあります。
とはいえ、ピアノ曲をギターへ移すときはまず同時に発音する音の数を減らさなければいけませんので「どの音を省略してどの音を残すか」がとても大切になってきます。
音域にしてもギターはピアノに比べてはるかに狭いので、そこはギターならではの
「替え指」運指を駆使してカバーする必要がありました。

それでも当時、まだこの曲が流行っている間に大急ぎで編曲を行ったので
「この曲をギターで弾いているのは恐らくまだ誰もいないのでは?」というのが、当時の私のプチ自慢だったのですが(笑)いわゆるチョサッケンが怖くてどこにも発表しなかったのでそんなもの何のジマンにもなりゃしないという感じでございました。

で、私としましてはもう相当昔の話ですのでこの曲を書いたこともすっかり忘れていたのですが、今回の公民館の演奏依頼の件で(前回の記事参照)ふとこのエナジーフローを思い出し、何年かぶりに弾いてみたと、まあそういったわけだったのです。
このブログにもとっくに載せていたつもりだったのですが、どうやらそれもカンチガイだったようで、かえってよい機会だったかもしれません。

てなワケで、懐かしの教授の名作「エナジーフロー」
この曲のギター版はもしかしたら今でもちょっと位は珍しいかもしれませんので
もしよかったらぜひさわりだけでも聴いてみていただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。


エナジーフロー(Energy Flow)

posted by nao at 17:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

リバーサイドホテル(井上陽水/永塚節編)


先月のことです。
隣町の公民館から
「秋祭りの中のアトラクション(余興)として、30〜40分ほどギターの演奏をしてほしい」という依頼を受けました。
ただ「誰もが知っているような曲を」という条件でしたので、最初はお受けするかどうか少し悩んだのですが、まあ家中ひっくり返してポップス系の楽譜をかき集めればなんとかなるだろうという安易な結論を無理くり導いて(笑)謹んで依頼をお受けして弾いてきました。
結局、10曲近く用意してほとんどMCなしで連続でどんどん弾く、というスタイルを採用したのですが、喫茶店やレストランでの生演奏ぽかったという感想をいただき、概ね好評だったようでホッとしています。
お話をいただいてから本番まで二ヶ月くらいしかなかったので、その間に曲を集めて練習して仕上げるという作業は、普段練習しているのと違うジャンルの曲たちということもあってかなり大変ではありましたが、でも演奏依頼を下さったということそのものがとてもうれしかったので、こうして無事終えることができて本当によかったと思っています。

そんなわけで、今やすっかりポップスギター弾きとなった私ですので、今回からは日本の有名なポップス曲をギターソロでお届けしたいと思います。じゃーん!
(いえでもホントは、せっかく練習した曲がもったいないので録音してみただけなんですけどね(汗))


今回の曲は、井上陽水氏の「リバーサイドホテル」です。


私ですら知っているのですから、この曲を知らない人は多分いないのではないでしょうか。
この曲を選んだのは、実は特に原曲が好きだからというわけではなく(陽水さんゴメンナサイ)編曲が無茶無茶カッコよかったからなのです。
こういうジャンルの曲を、クラシックのギターソロで、簡単すぎずまた難しすぎずしかも弾いていてどこか恥ずかしかったり照れ臭かったりしないような編曲の楽譜というのは実は結構少なくて、いい編曲に巡り会えただけでとてもラッキーだと思うのです。
今回使用したこの永塚節氏の「井上陽水ギターソロ作品集」という曲集は、現代ギターより出版されている楽譜ですので、恐らく今でも版を重ねて販売されているのではないでしょうか。
我々クラギ奏者としては「困ったときのポップス曲集」ということで(笑)いざという時にとても重宝すると思います。
では、もしよかったら
ご用とお急ぎでなかったら(笑)ぜひちょっとだけでも聴いてみていただければと思います。


「♪ 夜明けが明けたとき……」
「♪ 川沿いリバーサイド……」
???(笑)


リバーサイドホテル


posted by nao at 17:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

ギター曲集『風の間奏曲』より(その4)


またまた今回もひつこく
佐藤弘和氏の『風の間奏曲』より2曲ほどお届けしたいと思います。
よかったらちょっとだけでも聴いてみて下さい。


★思い出     P15
作者の注釈にもあるように、この曲は五音音階で書かれています。
五音音階の中でも「ヨナ抜き音階(第4音と第7音を抜く)」が使われています。
簡単に解説しますと、この曲はト長調ですので主音は「ソ」ですよね。
その「ソ」から数えて4コめの音符は「ド」になります。
また、7コめは「ファ♯」です。
つまり、本来「ソラシドレミファ♯ソ」となるはずの音階からドとファ♯を抜いて
「ソラシレミ」だけを使って書かれている、というわけなのです。
勿論、『絶対に使ってはいけない』というわけではないので、あえて部分的にこの法則を破ることで逆にペンタトニックを強調するという手法もよく使われます。
そういう部分も意識しながら聴いたり弾いたりしていただけたら面白いかもしれません。
音階から2コ音を抜くことであえてゴツゴツした感じを与え、でもそのおかげで意外性や郷愁感などといった効果を持たせることが出来る…
それがこの五音音階の一番の狙いなのです。
(代表的な曲を挙げると、君が代やさくらさくら、ロンドンデリーの歌なども
五音音階で書かれています)
そうした、ある意味ちょっと古臭い手法の音階ではありますが、でもそれをこんなにもモダンでおしゃれな今風の曲に仕上げてしまうのは、さすがは名コンポーザー佐藤氏!だと思います。


★聖ヴァレンタイン・ワルツ  P17
まだクリスマスも来てないのにバレンタインだなんて、季節外れも甚だしくて申し訳ない限りなのですが(笑)でもま
改めてタイトルを見直してみると「聖」が付いていますので、これはきっと聖人ウァレンティヌスのことを指しているのだろうと勝手に決めつけてアップすることにしました。
そんなしょーもない言い訳とは全く関係なくとてもチャーミングでいい曲ですので、よかったらぜひ聴いてみて下さい。
どうぞよろしくお願いいたします。


思い出 (Remenbrance)


聖ヴァレンタイン・ワルツ (St.Valentine-Waltz)



posted by nao at 14:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

ギター曲集『風の間奏曲』より(その3)


拝啓
晩秋の候、日毎に冷気加わる時節となり
指先のパックリ割れに悩まされる頃となりました(笑)
(いえ冗談じゃなくホントにタイヘンなんです。
ずきずき痛むのを我慢して練習しているといつの間にか出血してたりして
そうなると練習も進みませんし治りも遅いですし(それは加齢のせい?)
ほんと厄介な季節でございます(^_^;))


……と、いうわけで
佐藤弘和氏の『風の間奏曲』より第3回目の配信、いってみたいと思います!
短くて聴きやすい、いい曲ばかりですので、よろしければどうぞぜひお気軽に
お聴きいただければと思います。


★昔の歌   (P11)
譜読みをした時まず思い浮かんだのが
例えばド・ヴィゼーのような古いルネッサンス曲のイメージでした。
和声進行や二声(時々三声)で動くところなんかもとてもルネッサンスぽくて
「なるほど。確かにOld Song!」と、何だか思わずうれしくなってしまいました。
佐藤氏のことです。きっとわざとそうした時代の音楽形式も狙って含ませているはず。
ですのでこちらも、リュートやギターラを弾いてるつもりになって演奏してみました。


★ひとりごと   (P13)
オクターブ・ハーモニクスやピチカート奏法を『楽しく』練習する…という意味において、これほど適した曲を今まで見たことがありません。
こんなにも綺麗で儚い雰囲気を持ちながら、技術の向上にも高い効果が望めるなんて
常にビギナーのことを考えてこられた佐藤氏ならではの作品だと思います。
Arm.Oct.の難しいところは
「暗譜しなければいけない」ところと
「左指を見ずに弾かなければいけない」ところが大きいと思うのですが、でもこの曲を練習すれば大丈夫。
きっとこの先続々とオクターブ・ハーモニクスの達人たちが登場してくることでしょう(笑)


★メロディア   (P41)
実はこの曲、個人的に
この曲集の中で一番好きな3曲のうちのひとつでして
(前回配信の『悲しいワルツ』に続いての、一番好きな2曲目です)
この懐かしいような切ないような、それでいて決して悲しくはない雰囲気が大好きなのです。
こういう曲はどんな楽器で弾いてもピタッと決まりそうですが、でもやはり
ナイロン弦のギターの音色こそ最もしっくり来る曲だと思います。
出来る限り心を込めて弾いてみたつもりです。


★葬送行進曲    (P43)
譜読みの段階で強く思ったのが、恐らくこの『葬送行進曲』は
誰かのお葬式のために書かれたとか、どなたかが亡くなってしまったとかではなく
いわゆる先人の書かれた秀逸な葬送行進曲(ベートーヴェンやショパンやワーグナーやマーラーなど)へのオマージュとして作曲されたものではないかということでした。
だってなぜならものすごいカッコイイんですもん(笑)
悲しみに暮れる…というよりは
「キサマの遺志はオレが継ぐ!」みたいな?(笑)
などと思い、勝手にものすごい盛り上がって演奏したあとで曲集のあとがき(作曲者氏ご本人の作品解説)を読むと、なんと同じことが書いてあって思わず赤面してしまいました。
そしてこの曲こそ、個人的に一番好きな3曲の最後の1曲なのでした。
ぜひ聴いてみていただければと思います。
そして、もしあなたがギターを弾かれる方でしたら、よければぜひ弾いてみて下さい。
間違いなくギターの楽しさ、そして音楽そのものの喜びを味わえる曲たちだと思いますので。



昔の歌(Old Song)


ひとりごと(Monologue)


メロディア(Melodia)



葬送行進曲(Marche Funebre)


posted by nao at 12:32| Comment(9) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

ギター曲集『風の間奏曲』より(その2)


ミナサマ
大変長らくお待たせいたしました(笑)
では、予告通り前回に引き続きまして
佐藤弘和氏の曲集『風の間奏曲』より何曲かお届けしたいと思います。


★スケルツォ  (P.8)
速度表記が「Presto」ということですので、とにかくできるだけ速く
飛ばせるだけ飛ばして弾いてみました。
でもそこは「スケルツォ」でもありますので、なるべく軽快さも感じさせるよう心がけてみたつもりです。
とはいえ元々短い曲ですので、あっという間に終わってしまいますのでどうかズッコケないで下さいね(笑)
そうですねえ...例えるなら
町内に軽トラでとうふを売りに来てくれるとうふ屋のお兄さんがいたとします。でもそのお兄さん実は元F1レーサーだったので、いつもものすごいスピードで通り過ぎていってしまい、とうふを買うどころかその姿すら誰も見たことがないという幻の軽トラとうふ屋さんなのでした……といった感じでしょうか。
(何のコッチャ。 f(-_-;))


★メヌエット・イ短調    (P.12)
出だしの16分音符と4分音符の対比が古風で優雅な雰囲気を醸し出しています。
メヌエットというのはもともと舞曲のいち形式ですので、恐らくその辺を狙って書かれたものだと思われます。
そう考えるとこの演奏、もう少しテンポを落として弾いた方がより優雅な雰囲気が出せたかもしれません。
16分音符の部分も所々指が転がってしまってるし、あちこちテンポの乱れがあるしで、録ったあとから反省点がぞろぞろ出てきて実はかなりヘコんでいます。
やっぱりどんな曲でもきちんと真剣に向き合わなければいけませんね。反省。
(/_;)


★雨だれ      (P.23)
こういう曲を弾くと、この作曲家氏はどれだけすごい方なのだろうと思います。
ギターの機能、効果を知り尽くしていないと決してこういう曲は書けません。
おまけに個人的にもこういった幻想的な雰囲気の曲は大好きなので、正直ちょいと肩にチカラが入りすぎてしまったケもございます。
幻想的な感じを出そうとしすぎてリバーブも明らかに掛けすぎですし、「雨だれ」というよりはただプールの底でぶくぶく言ってるだけみたいな?
(;´∀`)
もし、も一度弾くならやっぱりもう少し全体にゆっくり目に、音量も小さめにして
しめやかにそぼ降る春の朝の雨、みたいなイメージで弾いてみようと思いました。まる。


★悲しいワルツ     (P.32)
この「悲しいワルツ」、個人的にこの曲集の中で一番好きな曲かもしれません。
(まあその、「一番好きな曲」が三曲くらいあるのですが。なのに「一番」とは一体??)
この曲の持つ世界に心底どっぷり浸り切って弾いてしまいました。もう気持ちいいったら(笑)
あんまり好き過ぎて、楽譜にないリピートを勝手に付け加えたりしてしまいましたので、どうかその、寛大なお気持ちで見逃してやって下さいね。
(^人^ ;;)



そうそう、気付かれた方がいらっしゃるかもしれませんが
今回の録音からちょっと音色が変わっています。
「デジタルリバーブ」というエフェクターを手に入れたので(いわゆるエコーですね)マイクと録音機の間に接続して響きを増やしてみました。
でもまだ全然セッティングが出ていなくて、今回の録音は明らかにリバーブ掛けすぎ、まるで大浴場で弾いてるみたいになってしまいました。
(特に「雨だれ」と「悲しいワルツ」はひどいです。お聴きづらいですよね。ごめんなさい(泣))
まだまだ試行錯誤の段階ですが、いずれベストなセットアップが見つかると思いますので、どうかそれまで温かい目で見守ってやって下さいね。
どうぞよろしくお願いいたします。
(ちなみに楽器も弦も今まで通り変わっていません)


というわけで、今回は4曲ほどお届けしました。
しかぁし、このシリーズはもうちょっと続きます。
(どんだけこの曲集にハマってるんだ?という話ですが(笑))
もしよろしければ、次回もまた聴いてやっていただければと思います。うしししし。

お聴き下さいまして心からありがとうございました。




スケルツォ(Scherzo)



メヌエット・イ短調(Menuet in A minor)



雨だれ(Raindrops)



悲しいワルツ(Sad Waltz)




posted by nao at 19:40| Comment(11) | TrackBack(0) | 演奏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。